オナニーについてパート2 8/10(水)

昨日のオナニーについてブログにしたことで他にもオナニーについての事を思い出した。

それは中学一年生の時の事である。

その時私は将来創造性のある仕事につきたいと漠然と考えていた。

例えば漫画家、小説家、YouTuber、映画監督のような物達である。今思うと少し恥ずかしいが、まぁ子供なんてそんなものであろう。

そして日常の中で創造性を高める訓練が出来ないものかと日々考えていた。

そして私が創造性を高める為にした事、それがオナニーを想像でやるといったものであった。(ここから想像と創造が交互に出て来て紛らわしいかもしれないので注意してお読みください)

オナニーは映像を見ながらやるのが普通だろう。たが想像でエロいシーンをかんがえながらやることによって頭で物語を考える力や、想像力が上がるのではないか、そしてその力が将来する創造的な仕事に役に立つのではないか、そう考えたのだ。

そしてその日から想像でオナニーをしようと試みた。だが当時の私は童貞であった(今もだが)為、エロいシーンを想像しようにも、キスシーンより先が思いつかない。

そんな私が苦肉の策で編み出した技。それはまずAVを見る。そこではオナニーをしない。

そしてAVが終わった後に目を閉じてそのAVを脳内で再生する。その脳内での再生時に女優の顔を自分の好きな女の子や女優やアイドルにするといったものだった。

近年ディープフェイクというAVの映像の女優の顔の部分を芸能人の顔に変えた映像がネットに出回って問題になった時があったが、私は10年前にもう時代を先取りしていたのだ。

この方法でオナニーをしていたのだが、1ヶ月ほどしたところで、頭が痛くなった。きっと脳内のcpuと身体のcpuを同時にフルで使いすぎてオーバーヒートを起こしてしまったのだろう。それから二度と脳内ディープフェイクをすることはなかった。

数年後たまたま見ていたテレビから平井堅の瞳を閉じてが流れてきた。

「瞳を閉じて君を描くよそれしか出来ない~♪」

平井堅も俺と同じように悩み、同じような経験をしたのだろうか。と僕は思った。

なんか書いていて虚しくなってきた。本当に気持ちの悪い男である。

皆さんこれからも仲良くしてください

ではまた明日

 

オナニーについて 8月9日

夜に加瀬ちゃんとジムに行った。もう立てなくなる限界くらいまで自分を追い込んだ。

そのあとスマホを見ると岡田さんが配信をしていた。枠のタイトルは「一時間半自慰をするも写生できず」であった。

そのタイトルを見て、学生時代の自分のオナニーを思い出していた。

私は学生時代モテなかった。日々モテる方法をネットで検索していた。

ネットの中で気になる記事を見つけた。それは「オナ禁(オナニーを禁止すること)をするとモテるようになる」という物だった。

その記事の中では一ヶ月ほどで少しずつモテるようになり、50日を越えた所で見違えるようにモテるようになるとのことだった。

学生時代の私はその記事に心を奪われた。

そしてその日から私はオナニーをやめた。辛い日々であった。悶々として眠れない日々もあった。だがモテるためと自分を制した。(別に精子と掛けているわけではありません)

そんな日々を一ヶ月を過ごしたある日、英語の授業中に英語の教科書を見ていた。

その時ふと教科書の端に目が止まった。そこには外国人の中年女性がいた。私はその中年女性に今まで覚えたことがないような興奮を覚えた。

別にその女性がセクシーな格好をしていた訳でも、滅茶苦茶美人だった訳でもない。

教師の言葉などまったく頭の中に入ってこなかった。考えるのはその女性の事ばかりだった。

その日の夜家に帰り私は考えた。これは身体が私に送ってきたSOSなのではないのだろあか?

別にセクシーな格好をしている訳でもない写真の女性にここまで興奮するという事は、

「あなたこれ以上オナ禁すると、本当に抑えきれなくなりますよ、 写真でここまで興奮するってことは、実際に女性を目の前にしたらヤバイですよ」僕の体はそう訴えかけているのではないだろうか。

その日から私はオナ禁をやめた。一ヶ月間のオナ禁の間、モテてるという実感は特になかった。

ただ一回「すいません ◯◯駅ってこっちですかね?」と女性に話しかけられたことがあった。それはオナ禁の効果なのだろうか。

真実は闇の中である。結局何が言いたかったのかわからなくなってしまいました。 ではまた明日

気持ち悪くて申し訳ありません。

ワンピースの映画を加瀬ちゃんの姪っ子と見た

8月6日からから公開されたワンピースの映画が気になっていた。ちなみにワンピースとは主人公のモンキーDルフィがワンピースという謎に包まれた宝を探す物語である。まぁ今更ワンピースの説明もいらないとは思うが。でも一人で行くのも味気ない。でも誘える友達もいない。

加瀬ちゃんの姪っ子がちょうどお婆ちゃんの家に帰省してきているらしい。

半分ボケで「姪っ子連れてワンピース見てこようかな」と言ってみた。

すると「えっ!ちょうどなんか明日ワンピース見に行くらしいよ」とのことだった。

そのままあれよあれよと話し進み、なんと次の日の夜八時から一緒に映画を見に行くことになった。そして映画日当日。

いざイオンの映画館で待ち合わせとなった。私は本日二度目の風呂に入った。映画館は長時間至近距離になる。決して臭いなんて思わせてはいけない。

緊張からか少し早めに待ち合わせ場所についてしまった。

姪っ子が来るまでの時間、私は物思いに耽っていた。

いつか子供と一緒に映画を見る。そんな将来を夢見たこともあった。

でもそれを達成するには乗り越えなければならない壁がある。

恋人を作り、同棲をし、結婚し、子供を産み、子供を育てる。そこまでしてようやく、子供と一緒に映画を見ることが出来る。そんな遠い将来の事だと考えていた。

でも実際は違う。今日全てを吹っ飛ばして子供達と映画を見るのだ。

子供が来た。楽しみで浮き足だっているのが手にとるようにわかる。

発券をして座席に座る。映画開始時間ギリギリに集合してしまったせいで、ポップコーンを買えなかった。ここでスマートな紳士なら、待っている時間にポップコーンを買っておくのだろう。経験不足が露呈してしまう。

映画が始まった。子供と映画を見る経験は初めてたが、一人で見るより、かなり疲れる。

映画が終わる。正直微妙だった。敵の女の子の能力がほぼチートレベルに強すぎるし、アドの曲がこれでもかと流れる。

子供達を感想を聞くと「楽しかった!!!」と答えた。子供が楽しめたのならよかった。二人とも笑顔だった。

この笑顔はどんな財宝より光ががやき、どんな宝石より価値があるだろう。

その笑顔を見て私は思ったのだ。

この子供の笑顔こそ、本物のワンピースなのだと。

ありたっけの夢を~かき集め~探し物探しにゆくのさ~

ポケットのコイン~それとユアナビマイフレー

ウィーアー ウィーアー オダクー ウィーアー

to be continued

ドンッ!!!

眉毛サロンに行った 8/6

今月からは身だしなみに気を遣おう。よく振られた女性が「絶対綺麗になってやる 私を振ったことを後悔させてやる」と言って綺麗になる。そんなシーンがよくあるが、まぁ私もそんな感じである。そんな思いから眉毛サロンに行くことにした。

まずは電話でゲートという店に予約をとる。そして眉毛サロン当日。そのサロンはビルの二階にあった。階段の前に立つ。異様な勾配である。足腰の弱い老人なら転げ落ちてもおかしくない。確実に設計ミスであろう。

一段一段踏みしめる。足取りは重い。扉の前まで来た。中々扉を開けない。だが意を決した。この扉は眉毛サロンの扉だが眉毛サロンの扉ではないのだ。新たな自分になるための扉。ニューゲートなのだ。

カランカラン 扉を開けた。

「いらっしゃいませ~」愛想のいい美人な店員に予約した旨を伝えた。すぐ席に案内され眉毛の形を決められる。

私は眉毛サロンとはカミソリで眉毛を綺麗にしてくれる所かと思っていたが実は違った。

ムダ毛は切るのでは無く抜くのだ。ブラジリアンワックスで何度もムダ毛を抜かれる。

これがまぁまぁ痛い。だが「痛い」なんて言う勇気はない。

「痛いですか?」と聞かれたので「小学生の頃の僕なら泣いてますね」と答えた。お姉さんは笑っていた。

ようやくそれが終わった。「もう帰れるかな?」と思ったらお姉さんが一言

「ワックスで抜けなかった毛を毛抜きで抜いていきますね」

私は愕然とした。また抜くのか。きっとその時私が手に地球破壊ボタンを持っていたら押していただろう。これもまぁ痛かった

1時間ほどで終わり、鏡を見た。綺麗に整った太い眉毛が、目の上に二つあった。

私の心の中の小泉純一郎が「痛みに耐えてよく頑張った 感動した」と言っていた。

お金を払って店を出る。階段を見た。普通の階段であった。勾配も普通である。私の眉毛サロンへの恐怖心が階段の勾配を急にさせていたのだ。少年漫画のバトルシーンで、自分より強い相手と戦って負けている時に「相手が大きく見える…」みたいな事があるが、そんな感じであろう。

ブラジリアンワックスで毛が抜かれた部分がヒリヒリと痛んだ。でも不思議と嫌ではなかった。

その痛みは変わった自分を肯定してくれている。なぜそんな気がした。

ではまた明日 今日からブログ強化月間にははいります。

 

 

 

体臭 8月1日

どうやら俺は臭かったらしい。そう同居人に告げられた時は愕然とした。今までずっと嫌な思いをさせていた事への申し訳無さで押し潰されそうであった。

先日母親からラインが来た。昔可愛がって貰った隣の家のお婆さんが亡くなられたらしい。

目をつぶると元気だった頃のお婆さんの姿が鮮明に浮かぶ。私は空想の中で思いきりお婆さんを抱き締めた。お婆さんは「くさっ」みたいな顔をしてパッと姿を消した。涙は流れなかった。

今思うと私はこれまでの人生も知らず知らずのうちに色んな人に臭いで迷惑をかけていたのかもしれない。

この前告白したJDにも臭いから振られたのかもしれない。大学で友達が出来ず、中退してしまったのも臭いからかもしれない。高校時代牛乳を飲み過ぎて牛乳不耐症になったのも臭いから、中学時代エイリーンに石の裏の虫を見た時の顔をされたもの臭いから

もしかしたら今統一教会が叩かれているのも私が臭いからではないだろうか? 

色んな人に謝罪をして回りたい。特に一番謝罪をしたいもの。それは自分の顔面である。

今まで私は上手く行かない事があると全て我が顔面に責任を擦り付けていた。しかし今回それが間違いであった事が発覚したのだ。

顔面はこう言っているにちがいない

「よくも今までありとあらゆる罪を着させてくれたな 臭いが原因だったんじゃねぇか!! 濡れ衣着せやがって おめえが着せた濡れ衣だから臭くてしょうがなかったわ」と

顔面さんごめんなさい。そしてお母さんごめんなさい。天皇陛下ばんざーーーい

まぁそんな感じです。これからは毎日風呂に入って服も着替えます。当たり前なんだけどね ではまたいつか 臭いがしなくなる日まで 

 

 

 

告白 7月27日(水)

仕事が出来る男なので結論から喋ります。 同僚に告白して振られました。

私はしがないコンビニバイト店員です。この度正社員の試験に合格し、長く働いたコンビニをやめる事になりました。

コンビニ自体には特に思い入れもなかったのですが、一つ気がかりだったのは一緒に働く女子大生の事です。

私は彼女が好きでした。どうせ辞めるなら最後に自分の気持ちを告白してからやめようと思いました。

彼女とシフトが被る最終日の前日、私は最近はいりたてのjKとの仕事でした。

私は基本的に一緒に仕事をする相手が若い女性である場合は、仕事の内容以外で声をかける事はありません。ですが明日告白する男がJKごときにビビる訳にはいかない!!そんな思いもあり積極的にJKに話しかけました。

そして勤務時間を終えた後、私はJKにアイスカフェラテを奢ったのです。

皆さんからすればJKにアイスカフェラテを奢るくらいなんて事無いかもしれませんが、私には青天の霹靂、ベルリンの壁崩壊、人類月面初上陸に匹敵する大事件だったのです。

「これ飲みな」そう言ってアイスカフェラテを渡す私の手は、勝利への道筋が見えた羽生善治永世7冠に匹敵するほど震えていました。これならいける。私は思いました。

そして家へ帰り布団に入りました。ですが中々寝つけません。

目をつぶれは瞼の裏に浮かぶのは告白の事ばかり。私はまるで明日に遠足を控えた幼稚園児のような高揚感と、試験の結果を待つ受験生のような緊張感の狭間で揺られながら眠りに落ちました

そして次の日 いよいよ待ちに待ったXdayを迎えたのです。

その日は朝からソワソワしていました。心も身体も落ち着かず、こみあげる力を発散するためにジムで汗を流しました。

ジムでランニングマシンをしながら、私は告白の言葉について考えました。

近々花火大会がある。それに彼女を誘おう。そう決めました。

いつもは早く感じるランニングマシンのスピードが、その日は何故か遅く感じました。

ボタンを押す。スピードはどんどん上がってく。身体と心がどんどん熱くなっていくのを感じました。 きっとその時の私ならフライヤーを使わずにからあげくんを揚げる事も出来たに違いありません。

そしていよいよ出勤の時刻になりました。

私が職場につくと、彼女はそこにいました。

そこから他愛の無い会話をしました。私が最近した怪我の話、仕事の話、面倒臭い客の話。そして私は途中の休憩時間に彼女にアイスカフェラテを奢りました。

そして退勤する時間になりました。私は意を決して話しかけました。

「今日でシフト最後ですね 今までありがとうございました。もしよかったら今度ある花火大会 一緒に行きませんか?」

彼女は答えました「大丈夫です」

パサパサパサ…ポタ… 侘しく光っていた線香花火が落ちる…そんな音がしました。

その後も二分ほど会話をしましたが、何を話したのかは詳しく覚えていません。

帰りの車の中で私は配信をつけました。

色々なコメントが来ました。叩くコメント、慰めるコメント、こうすればよかったんじゃないかというコメント 

ですがその時の私はある意味ハイになっていたので、あまり何を言われても聞く耳を持てませんでした。

私がしたことは間違いだったのでしょうか?

彼女に告白する前にネットで告白の仕方を色々調べました。

「好きな気持ちは隠さず、自分が相手に気があることをアピールしよう」そんな事が書いてありました。

そんな事が果たして出来るでしょうか?

私が好きな気持ちをアピール出来るはずがありません。

私にとって好きな気持ちというのは決してバレてはいけない地下室の秘密の部屋なのです。なるべく隠して、バレないように、信仰を隠して生きていた隠れキリシタンのように生きてきました。これからもきっとそうでしょう。

「振られても『じゃあまだ好きでいてもいいですか?』と言いましょう」

そんな事も書いてありました。私がそんな事を言った日には彼女は二度と安心して夜道を歩けなくなってしまうのではないか?ちょっとした物音に過剰に反応するようになってしまうのではないか?

私は彼女には夜道でも恐怖を感じること無く歩いてほしいのです。

まああまりネガティブになりすぎても良くないので最後に一言でまとめようと思います

俺の事誰が好きなん!!! ええ事無いねやろぉ 日常で!!親大事にせぇよ!!お前の事愛してくれるの親だけやぞ!!! お察しします!!

以上です ではまたいつか

本性 7月19日(火)

今日の朝仕事終わり家に帰ったらブブアに吠えられた。
「吠えないで…おうちの人いるかな? お母さんかお父さん呼んできて欲しいんだけど… 呼んできてくれないの? じゃあ上がらせてもらうね いいよね 」って言いながら家入ったら
「マジでヤバイやつ入ってきたかと思った」って寝起きの加瀬ちゃんに言われた。

昼間まで寝て昼間からジムに行った。

ジムで良い汗を流して家に帰って自分の部屋に戻る。

暑い。エアコンなんてものはない。隣の部屋の岡田さんはエアコン代をリスナーに貰っていた。

決して羨ましいと思わない。強がりかもしれない。

だが何度も言うようですが涙は女のアクセサリー、強がりは男のカフスボタンなのだ。

30分経過した。汗が滝のように流れ出てくる。

その時プチンとなにかがはずれる音がした。心のカフスボタンが全て取れた。

もう金しかないなぁ、!!!!俺にも寄越せエアコン代!!!! なんで俺にはないねん!!! こちとら頭縫っとんねん!!! お見舞い代よこせ!!!

なんぼでも機嫌よく配信したるわ!!一万円の犯人って言われても「へへ…すいません…いやしいもんで」っていったるわ。

トロミの靴下盗んだってコメントにも「すいません…へへへ…衝動が押さえられないもんで…」っていったるわ。

うんこ顔って呼ばれても「へへへ…今日も便器についたうんこみて『お兄ちゃん』って呼んじゃいましたよ すいません…」っていったるわ!!!

もう金しかないなぁ!!!

なにがカフスボタンやねんしょーもない。なんの足しにもならん言葉遊びいらんねん!!

ほんで女寄越せ!! ! 友蔵に彼女が出来た事なんてなんもめでたくないわい!!

女と金寄越せ!!! 片腕で女抱きながらもう片方の腕でギャンブルさせろ!!! 

好感度も何もどうでもええんじゃあ!!!!

天皇陛下ばんざーーーーい!!!!

憲法9条を世界遺産に!!!!

すいません…取り乱しました。 な~んちゃって 冗談ですよ 安心してください

ではまた明日